なずむ

歩きやすい

車輪の回りやすい道が

めぐらされている

 

でも

たまに

道なき道

にっちもさっちも

とういう状況を楽しもう、ということ、ありますね

 

 

ぬかるんでいて

ずぶずぶとはまっていく

そんなところへ足を踏み入れて来ました、嬉々として

 

 


 

レンコン、掘りましたー

 

広いレンコン畑

の、泥の中のどこかに白肌レンコンが育っています

当たりをつけて掘ります、掘ります

泥をよけたそばから泥水が染み出てきて何も見えなくなります

手探りでレンコンの硬さと繋がっている方向を辿ります

なぜか、どけた泥の山の下へと伸びています...

ひと泥山を動かして折れないように、そっと収穫

ほわぁーというヨロコビがきます

 

レンコンと出会えるかどうかはー

運 かもしれません

それと

泥にはまっていくこと

なずむことができるかどうか

 

たっくさん収穫できましたよ

お裾分けしまーす

すぐに受取れるよ、と言う方はご連絡くださいませ

 

 

田の土がゆるんだ水でまた泥へと戻るこの季節

泥って触れていると

何か思い出せそうな落ち着きと

足をとらわれ身動きできない恐れと

誰か派手にこけるんじゃないかという期待とが交錯します

田植えなどの機会があれば

泥に受け止めてもらいにゆきましょう

 

さて、そろそろ花蓮のための準備もはじめます

 

 

〜レンコン畑〜

百菜劇場 http://www.100seeds.net/

 

 


ふな、醸す

梅雨明けに仕込んだ

鮒ずしが

滋賀の沖島を離れ

左京にやってきたというので

会いに行きました

 

 滋賀のお酒 一献

 

ちょびっとずつ、ちょびっとずつ

味わいました

 

いつものカウンターが琵琶湖とつながります

 

ふな 米 ひと 三位一体

 

ごちそうさまでした

 

 

 

〜仕込みの様子〜

ふな、磨く


幾度も

 三島在住(この季節だけカモ)

 

曲がったことのない近所の角

そのまま その風景を知らずにいる

 

きっともう来ないよ

と、思っていたのに

再びその地に立っている不思議

 

土地との縁ってあります

 

 

また会いたいと思っている人たちと再会の小旅行

再会の場に辿り着く前に

行きたいな、と思っていたところへ足を運んでみました

 

そのうちの ひとところが鎌倉です

何度行っても好きになるところです

今回は、鎌倉在住の方にお世話になって

美味しいコーヒーや

素敵な本を編集されていた民芸のお店

嬉しいごはん

静かな、にぎやかな鎌倉を案内いただきました

じわじわときもちいい

 

 鎌倉の朝景

 

再会のための旅は

たくさんの笑いと元氣をいただきました

目から鱗!というお話にも会って

やってみたいことが増えました

 

 

幾度も幾度も

そうやって重ねていくのでしょう

会いたいや嬉しいを


十月の五日間

五日間のうち一日の立山

 

はたちの頃のひと夏 

バイトしていた山小屋の一泊

 

 

 

 

 

会いたい人には会えるさ


ススキの輝く

 

ススキの輝く美しい季節だ

 

簡易のGPSアプリに救われつつ 進む

 

あのトンボ

どんなGPSで飛んでいるんだろう

 

森の中は瑞々しい


鈴の天使

トレイルの途中

大好きなカフェでランチ

 

ココまで歩く原動力

ココから歩く原動力

 

 

熊鈴をお借りしていたので

リンリン 振りまきながら歩く

鈴の音って力がある


ぶどうの育つところ

このぶどう、メルロー は

この畑で育ったのだなぁ と

重みを手に手に

収穫させてもらいました

 

 

このぶどう、2016年収穫分は

3年後の2019年に再び会えるそうです

その間

また育つのだなぁ

 

 

長野県 椀子(マリコ)ヴィンヤード

 


爪のあと

 

このおなじ森のどこかに

くま

いるのか

と、思いながら歩く

 

いつか見た

くまの爪あとを思い出す

 


爪のながさ

 

思い立ち 山の中を歩いてみました

京都一周トレイル・東山のうちのほんのちょっぴり

 

東の山の端の

お寺と神社を縫うようにあるく

足爪のながさについて考える


ふな、磨く

梅雨明け、快晴

 

琵琶湖、沖島へ渡る

 

発酵って驚異的だなぁとおもいつつ

 

その力のおもむくままにお任せして

 

鮒ずし、仕込んできました

 

 

   ニゴロブナは琵琶湖にしかいません

 

   青光りするまで磨きます

 

   干します、猫たちに見つからないように

 

   飯を詰めます、あふれるほどに

   あとは、発酵するばかり

 

 

 

   沖島さんぽ

 

   淡水湖に浮く島に人が住んでいるのは珍しいそうです

 

 

 

楽しい発酵を祈願して

島に樽を預けてきました

晩秋に再会しましょう

 

よろしければ、ご一緒に

 

 

〜醸されました〜

ふな、醸す

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:140 最後に更新した日:2017/03/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM