日本みつばちの帰る家

あぁ なんて よい旅だったんだ
 -と 心を満たしながら 帰ってくる
あぁ 一日 よく動いたな
 -と 体を休めるために 帰ってくる
あぁ 今日はどんなことがあったんだい
 -と 迎えてくれるものに会いに 帰ってくる

家 とは なんと大事な場所なのだろう
つかの間であっても 仮であっても
家 とは いつも 帰りたい場所であるのだろう


ゆだま 12泡目  "日本みつばちと飛ぶ朽木" では
日本みつばちの帰るところ、家を
春の新築 一戸建てで とても 素敵な場所に設置してきました
家の理想はなかなか高く

 「風通しがよいが、強風が当たらない場所で、静か、真夏に直射日光が当たらない半日陰」
 「辺りに、年を通じて花が咲き、農薬のないところ」
 「家の中は暗く、暑すぎず、寒すぎず、外敵の入りにくい仕様」

とのこと
少し前までなら、古木のウロの中や軒先などにそんな家があったそうですが
最近、よい家がないらしいので

ゆだまで作りました!

 左:桜の樹の下
 右:もみじの樹の下

 まだ 春の気配が漂い始めたところなので
 これから芽吹いて葉吹いたところを
 想像してみてください
 たくさんの色!匂い!

 石垣を背にして 南向きの家です
 それぞれのシンボルツリーがあります
 家の前は 飛行のための滑走路
 絶好


今回は 講師にアンブロシアさんをお招きし
参加者と会場・巣箱の設置場所を提供くださった宮田さんと総勢22名で
日本みつばちについて学び 巣箱を作成しました 

参加者の皆さんも 興味津々で
たくさんの質問とアンブロシアさんの丁寧な応えと経験談のあふれる中
木工作業にも わくわくしながら進みました

偵察の蜜蜂が飛ぶ前に巣箱を設置できたので
あとは 発見と引越し・定住を待ちます
そのために 家の見学会と外敵の駆除などを請け負います
不定期的に(月に1回程度)巣の掃除などにも参ります
また いちねん 忙しくなりそうですね
隣家、日本みつばち家 を知って興味のわいた方は
是非 訪問ください
きっと もう 誘われていますよ
アンブロシアさんは秋の採蜜にも来てくださるとのこと
もっと 知りたいを集めておこうっ


 
 会場の宮田家内から
 外の作業場所が見えます

 左から
 巣箱セット (2箱分)
 お見本(焼き目入・完成形)
 お見本(進化型)
 ゆきだるま

 日本みつばちについて こんなに書籍が出ています
 『ニホンミツバチが日本の農業を救う』『家族になったニホンミツバチ』
 『虫がいない 鳥がいない』久志 富士男
 『日本ミツバチ―在来種養蜂の実際 』藤原 誠太
 『ミツバチ―飼育・生産の実際と蜜源植物 』角田 公次
 『ミツバチの不足と日本農業のこれから』吉田 忠晴
 『ハチミツの「危ない話」』川島 茂 著
 『蜜蜂の生活』Maurice Maeterlinck、山下 知夫、 橋本 綱 
 『
庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門 』和田 依子、中村 順
 『Bees: Nature's Little WondersCandace Savage

 
 アンブロシアさんのお道具箱
 ワークショップを重ねるごとに
 洗練されていくのでしょう

 宮田さんは
 移り住んできてから
 ずっと 家を直し中!
 工具は万端です
 大人数にも対応できました


 作業場から家をはさんで
 川に向かう庭へ移動します

 つづれ折の坂道を
 みんなが 連なっていくのが楽しい



 はらぺこの作業終了後は
 持ち寄り逸品のランチパーティです
 りっぱな お品書きができるくらい
 にぎやかな テーブルになりました
 ごちそうさまでした


 アンブロシア
 宮田清彦
 みえん

関連する記事
コメント
ゆ だ ま  十二泡目  日本みつばちと飛ぶ朽木
参加日記
3月1日
滋賀県大津市葛川細川町 宮田邸ゲストハウス
ニホンミツバチの巣箱の作成と設置に参加しました。
残雪がかなり深く雪国の景色です。
参加者は二十数名、学生のほか、元気な子供たちもいて賑やかでした。
日本みつばちを愛する有志の集まりの「アンブロシア」さんの指導のもと、重箱式巣箱を作成しました。巣箱の作成に必要な基本的な部材はすでに用意されていて、おもにその組み立てと仕上げ作業でした。皆さんの取り組みが積極的で手際も良かったので、スムーズ進行しました。
一見単純な作業に思えたのですが、ミツバチが外部から光の差し込むのを嫌がるので隙間なく合わさるように作らなくてはならないなど、かなり精度が求められました。不器用な僕はその邪魔にならないようにガスバーナーでの焼き付けなど、無難で簡単そうに見える作業をしました。
大工作業における学生さんの体力と行動力は流石でした。

僕のこの日最大の仕事は雪だるま作りでした。20年以上ぶりということもあって夢中になりました。子供たちには受けるかなとも思い張り切りましたが、大して関心を引くこともなく、雪滑りなどではしゃぎ回っていました。

巣箱はアンブロシアさんの作成が1つとゆだまのが2つの計3つ。
ゆだまの巣箱は中尾さんの強い意向で「マクロ巣」と命名されました。

作った巣箱の設置後は参加者たちの持ち寄り食材の昼食会でした。主催者のいとうさんが準備をしていました。個性的で健康的かつ豪華な逸品がそろっていました。なかでも野中さん作成のオリジナルヘルシーおにぎりは人気でした。僕が持っていった熊本土産の辛子レンコンと馬肉のくんせいは珍しくは思われたようですが、人気はイマイチでした。

その後、付近を散歩、まだ雪深い山地の斜面でしたが、子供たちは元気いっぱいに走り回っていました。途中、祠近くに巣箱を見つけました。ミツバチは入っておらず、あまり手入れもされていない様子でしたが、近くにいる可能性を示すものとして希望が持てました。

晩は、宮田さん提供の秋刀魚やホッケを囲炉裏で焼いたり、昼の持ち寄り逸品の豪華なアテのほか、ホステス犬クロのもてなしを受け贅沢な宴となりました。中東のよく分からないアルコール類も含めてかなり痛飲しました。

翌朝は二日酔いになりました。
日曜朝市に向かう車中である方の発した「焼飯を食べたい」という信じられない一言に嘔吐感を感じました。その方は朝市で大きな木槌を購入してました。


その後、いとうさんや中尾さん、野中さんのメンテナンスや講師の技術指導の甲斐もあって、アンブロシアの巣箱にミツバチが入居しました。やはり専門家、設置場所の選択などが的確だったのでしょうか?
とにかくマクロ巣への入居に期待、希望が膨らむお知らせでした。

野中さんのメンテナンスはほぼ毎週で、その間にトタン屋根やすだれの取り付けなど実にきめ細やかな作業でした。その親身なケアにはミツバチに対する熱意、深い愛情を感じました。
Facebookでは宮田邸周辺の草木や風景などの様子もわかりました。特にミツバチの出入りする様子を撮影した動画は生命の躍動感がありました。毎回、ハチの数が増えていく様を見るのは日々の楽しみでした。

6月8日 巣箱の高台設置

未だ入巣のないマクロ巣の設置場所をもっと良い個所に動かす作業に参加しました。
当日は堅田から細川行きのバスを利用、軽い車酔いを感じました。細川バス停は宮田邸のすぐ近くです。
巣箱を日当たりのいい場所に動かす程度と考えていましたが、載せる高台も作るとのこと、予想外の日曜大工でした。
支柱は周辺にあった丸太を拾い集め、梁や巣箱の台座は中尾さんがお仕事で使う木材を使用しました。
この日は男手が野中さんと僕の2人、若輩の僕がおもに資材の持ち運びなど単純な肉体労働を担当しました。何年かぶりのノコギリ引きもしましたが、力の入れ具合など引き方が上手くいかず、最初は疲れるわりに大して進みませんでした。中尾さんと交互に引いたのですが、女性ということもあって、動作に力強さや早くありませんが、無駄のない動きで切るのに要する時間は僕よりも短いぐらいです。お仕事がら工作には慣れているのでしょう。
いとうさんと野中さんは高台設置箇所の土掘りと地盤作りをしてました。朽木の山あいでスコップで土木作業に勤しむお2人の姿ははたで見ているとコミカルな感じがしました。
設置箇所を日当たりの良い場所に移動しました。
愛しきマクロ巣は大変に堂々として威厳が感じられる立派な姿となりました。
巣箱作りではあまり役に立たなかった僕はやっと参加できたという充実感、満足感があ
  • 佐藤直人
  • 2014/08/30 10:04 AM
6月8日 巣箱の高台設置

未だ入巣のないマクロ巣の設置場所をもっと良い個所に動かす作業に参加しました。
当日は堅田から細川行きのバスを利用、軽い車酔いを感じました。細川バス停は宮田邸のすぐ近くです。
巣箱を日当たりのいい場所に動かす程度と考えていましたが、載せる高台も作るとのこと、予想外の日曜大工でした。
支柱は周辺にあった丸太を拾い集め、梁や巣箱の台座は中尾さんがお仕事で使う木材を使用しました。
この日は男手が野中さんと僕の2人、若輩の僕がおもに資材の持ち運びなど単純な肉体労働を担当しました。何年かぶりのノコギリ引きもしましたが、力の入れ具合など引き方が上手くいかず、最初は疲れるわりに大して進みませんでした。中尾さんと交互に引いたのですが、女性ということもあって、動作に力強さや早くありませんが、無駄のない動きで切るのに要する時間は僕よりも短いぐらいです。お仕事がら工作には慣れているのでしょう。
いとうさんと野中さんは高台設置箇所の土掘りと地盤作りをしてました。朽木の山あいでスコップで土木作業に勤しむお2人の姿ははたで見ているとコミカルな感じがしました。
設置箇所を日当たりの良い場所に移動しました。
愛しきマクロ巣は大変に堂々として威厳が感じられる立派な姿となりました。
巣箱作りではあまり役に立たなかった僕はやっと参加できたという充実感、満足感がありました。

天敵スズメバチ除け用には特別ジュースを入れたペットボトルを使います。特別ジュースはグレープフルーツジュースと酢、砂糖を混ぜて作ります。
スズメバチは雑食なので、だいたい糖類など甘いモノは好むようですが、肝心のミツバチがトラップにかかってしまってはいけません。主にスズメバチだけが好む香りや味にすることが重要なのだそうです。
このトラップジュース自体には毒性はなく、1度入ったら出られないペットボトル内の好物のジュースで溺死させるという甘いようで、ちょっと考えると恐ろしい仕組みです。酒好きにとっては他人ごとで無いような気がします。僕の場合、ウイスキー「響」の中に溺れる自身の姿を想像してしまいました。

山あいにある朽木の天候はめまぐるしく変わります。この日も強烈な日光があるかと思えば、雨が降ったり、そうかと思えば、また陽が射したりと頻繁に変化し、自然の気まぐれな表情を見せます。

ミツバチが入巣しているアンブロシアの様子も観察もしました。出入りするミツバチたちを注意深く見ていると、飽きません。絶え間なく飛び立ったり、着陸、帰還する様はまさに空母、あるいは某超時空要塞のようでようです。ハチの動きにはそれぞれ個性があって興味深いです。ハチは後ろ足に花粉をつけて帰還するのですが、中には巣に入る前に入り口の板に花粉を落としてしまう失敗もあり、それを何とか巣に入れようとする姿には愛おしさを感じます。
  • 佐藤直人
  • 2014/08/30 10:16 AM
6月29日 巣箱の内検

ミツバチの出入りが日々の多くなっている巣箱「アンブロシア」の内部を調べる内検に参加しました。ミツバチの巣作りの指導者、水原さんが巣箱を開いてくれました。映像や写真で見たことはあるものの実際にこの目で見る巣箱内部には期待や興奮がみなぎります。

この日は暑さとヒルの防護、動きやすさを考え、ピッタリとした濃紺のアンダーシャツに黒の化繊ズボンで作業にのぞみました。ハチは黒色に警戒することをすっかり失念していました。ただでさえ、巣箱を開けるというハチを刺激する場面に全身真っ黒でいるのは標的になる様なものでした。案の定、作業開始から間も無くして、数匹の鉢につきまとわれました。

水原さんが慎重に巣箱を開けてみると、幾何学的な模様をした円形のパンケーキのような巣板にびっしりとハチが息づいていました。全身黒一色の僕はハチの標的になったので、そんなに近づけませんでしたが、幾千万の生き物が懸命に作っている生命の営みには美しさや芸術性と偉大さを感じます。
水原さんと京•みつばちの会の木船さんが見た感じでも良い状態にあるとのことでした。
あとは巣箱が順調に大きくなって、マクロ巣への分蜂を望みたいところでした。

その後、野中さんが自作の竹馬で河川の横断をチャレンジ、途中で水没したものの、その後は見事な足さばきで渡河を達成しました。ただ、深い個所では水面が足場より上だったのでいずれにせよ濡れるのは免れなかったでしょう。
上流には猿の群れがいました。これが野生動物の警告だったのか?

7月5日 映画「みつばちの大地」鑑賞

マークス•イムホーフ監督のドキュメント映画「みつばちの大地」を観ました。
描かれていたのは西洋ミツバチについてでしたが、ミツバチの誕生から成長、生体、巣箱の仕組みなど基本的なことが分かりました。ミツバチおよび蜜の純正化を守るために他の地域との配合した女王蜂を殺す老人養蜂家や工業化する養蜂業とそれに疑問を感じる養蜂家などが印象に残りました。
ミチバチの脅威としては幼虫を侵す腐蛆(ふそ)病や卵を巣に産み付ける蛾などを紹介していました。病気になり干からびたハチの無残な姿や感染に悩む養蜂家の姿を見て、アンブロシアやマクロ巣のことも心配になりました。この時点で僕の考えていた最大のリスクは巣箱の病気感染でした。
  • 佐藤直人
  • 2014/08/30 10:17 AM
7月15日

巣箱アンブロシアが破壊されたとの連絡がありました。
野中さんや大屋さんがすぐに確認した時はすでに熊らしき動物に破壊されたあとで、わずかなハチが残った蜜や巣とともに痕跡を残す程度だったようです。

7月19日 巣箱の撤収

破壊された巣箱アンブロシアとマクロ巣1、マクロ巣2を宮田邸の庭から撤収することになりました。
中尾さんと野中さんと僕の3人で、現地の現場検証と撤収作業をしました。
果たして、アンブロシアは完全に破壊し尽くされ巣板は全て剥ぎ取られていました。剥ぎ取れた跡が筋として残ってましたが、それがなんとも痛々しかったです。
巣箱の破壊され方は凄まじく、木板の切断や接合部のネジの破断は破壊力を十分に感じさせました。
周囲に足跡はありませんでしたが、隣接する木に何箇所も五本指の爪痕が残っていました。これを見た時、ツキノワグマの犯行だということを確信しました。大きさは僕の手と同じぐらいで、体長は約150cmかと思われます。木の上の方にも爪痕があり、ひょっとしたら上から体当たりをしたでしょうか。

宮田邸の周辺は隣家もあり、そのような人間の生活圏内まで熊が来るということが、通常ではありえないことです。そうなるとミツバチの巣が熊の目的だったと考えるのが順当で、餌のありかを覚えた熊の再来襲を考えて撤収を決めたのは正しい判断だと思います。

ツキノワグマは夏期にミツバチおよびその蜜を偏食する傾向がありますが、まさかこんな人家近くまで来るとは考えていませんでした。
僕は熊の「犯行」と書きましたが、それは一方的な考え方で、熊からしてみれば生きるための行動だったのでしょう。関わった皆さんの努力や気持ちを考えると割り切れない気もしますが、自然の中で生きる熊の前に餌を置いた結果かもしれません。

その後、マクロ巣を置いた架台の解体および屋根などの付属品、トラップの取り外しを淡々としました。作業を終えて空を見上げると鳶がゆっくりと円を描いていました。それを見た僕がその時期の七十二候「『鷹技を習う』と言いますが鳶ではねえ」と言ったら野中さんが鳶を英語で「kite hawk」(カイトホーク)と言うと英国訛りで教えてくれたことになんだか慰められた気がしました。しかし、野中さんはしばらく立ち直れなかったようで、最近まで熊のプーさんのイラストを見ただけでも気持ちが落ち込んだようです。

ミツバチの情報伝達能力の高さには同じ女王から生まれた仲間としてテレパシー的なモノが関係しているではないかと思います。もちろん五感も使うのでしょうけど、働きバチの寿命は数十日、その間であれだけ意思を統一できるのは脳に意識を共有する部分があるのではないかと考えられないでしょうか。そうなると襲撃の時の恐怖も共有してたかも知れません。

宮田邸でのミツバチ養蜂は一旦終わりましたが、いとうさんや中尾さん、野中さんたちは職場やミツバチ関係者の方々を通じて新たな巣箱の設置場所を探しています。

ゆだま 十二泡目 としてのミツバチプロジェクトは続きます。
僕とミツバチとの関わりも決して終わったとは思ってませんが、ここまでのことを自分なりに整理し、まとめました。
  • 佐藤直人
  • 2014/08/30 10:18 AM
佐藤直人さま

ゆだま にほんみつばち への度々の参加と
そして、この日記を記していただき本当にありがとうございます

そう、このプロジェクトはまだまだ終わっていませんが
忘れないでおこうと強く思うことも、少しずつさらさらとこぼれるものです
こうして、文章にしていただいて
「にほんみつばちたちと朽木を飛んだんだ」と刻まれました

あの自然の移り変わりと にほんみつばちという一つの生命の美しさ
ゆだまを通じ 体験していただけたなら幸いです
  • はっぷ
  • 2014/08/30 10:43 AM
佐藤さん、詳細な記録とご感想
ありがとうございます。

みつばちと関わって、自然と人
間のこと、より広く・深く理解
することができました。

本当は、自然と人間ではなくて、
人間も自然の一部であるという
感覚を取り戻すことが大切であ
ることも、思い出しました。

巣箱を失った際は、想像以上に
大きな喪失感がありました。

敢えて、しばらくその中に浸っ
ていました。強い感情は、大切
な記憶を風化させないので。

幸い、立ち直り始めています。

人間が自然に介入して、場合に
よっては、命をいただくことは
自分たちの必要を満たすためで
あれば、許容されるというのが
が今の感覚です。

養蜂は、そのような営みの中に
自分の身を置くことになるので
良い体験です。

覚悟する!
  • 野中鉄也
  • 2014/08/31 10:57 PM

野中鉄也さま

>本当は、自然と人間ではなくて、
 人間も自然の一部であるという
  感覚を取り戻すことが大切であ
 ることも、思い出しました。

この感覚
私も再確認しました
自然の中にあるのだなぁと思います

朽木での詳細な観察からは
多くのことを教えていただきました
ありがとうございます
にほんみつばちを縁に魅力的な方々に
引き合わせていただいたこと感謝します

野中さんの朽木観察からは
多くのことを教えていただきましたし
みつばちを縁に魅力的な方々にも
引き合わせていただきました
ありがとうございます

始まったばかり!
  • はっぷ
  • 2014/09/01 1:00 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:145 最後に更新した日:2017/12/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM