飛行、僅かな

"日本みつばちと飛ぶ朽木"

一緒に飛んでいました
蜜や花粉を求めて

滑走路からの離発着

山の木々に こんなに蜜源があるなんて
知りませんでした

巣という ひとつの生命体の不思議

羽音


飛行は (おそらく)夜中に襲来したクマによって
突然 終わりました

巣箱は壊れ
巣は食べられ
蜂はいません

民家とゲストハウスの裏庭での 出来事は
この地での にほんみつばちを断念せざるを得ませんでした

秋の採蜜、生蜂蜜、蜜蝋。。。
ゆだまを楽しみにしてくださった 皆さん
見守っていてくださった方々
にほんみつばちを介し ご縁のあった方々
ありがとうございます

ゆだま 12泡目 
にほんみつばち は 一旦終了します

僅かな時間
飛行を楽しませてくれた
にほんみつばちたち
また 一緒に飛ぼう

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:157 最後に更新した日:2019/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM