浴 湿




よぉく 目を凝らしてみると

[ 室 浴 ]

法然院の元 浴室 にて ゆだま 13泡目 開催されました
ゆだま に これ以上の場所はないですね

「沐浴 −中尾美園+若林静香 展ー」2014.8.26 - 9.3
二人展の期間中に 会場のひと隅をお借りして
講師はこの二人展のおふたりです

うちわに 日本画の絵具を用いて絵を描いてみる という 今回のゆだま
19名の参加を頂きました
19名分のうちわには どれも 開放感を感じました
子供はもちろん のびのびー と筆で遊び
大人は 久々の(という方多数) 筆にこころを乗せて
絵を描くことって 気持ちを開放させるなぁと感じました
講師の若林さんが「くやしいっ」って 思わず 言うほどに
描いた人がよく現れている作品ができあがりました


どちらも 法然院 を感じます
できあがるまでをずっと 傍で見せていただいたのは貴重な体験


オレンジ君のご所望の色を作っています
鮮やかなオレンジ! 魅力的なうちわとなりました


これが 絵具なんですよ
かたまりですね、どうやって 使うのでしょうか


にかわ(左の液体) を入れながら といていくのです
講師のお二人の指は 色々になっていました


どんどん お皿が増えて 色が増えて
偶然できる色を使うと うちわの中にも偶然が生まれます


ゆだま主催者のふたりです
密かにうちわを描いた いとう(左) と 二人展もゆだまも楽しんでいた みえん(右)

みなさま
ゆだま が生まれるのを 楽しみにしてくださり ありがとうございま〜す
また ゆっくり お越しいただければ幸いです
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:157 最後に更新した日:2019/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM