0
     
    ほぉ〜い と

    苗が飛ぶ田

    上の田から 下の田へ
    あぜから 田の中の人へ
    今足が埋まっているところから 進行後方向方へ

    これが 上手く出来たら 田植えはよく進みま〜す




    琵琶湖まで見下ろせる そんな大津の棚田で
    休耕田の復田を始めました

    管理してくださる 八王寺組さんに
    あなぼこが開き 石がごろごろの田を 
    田植えできるまでにしていただき
    迎えた 田植えの日 快晴!




    ちびっこ 3人を含む 20人弱で 約1反の田に入りました
    田植えが初めての人も多く それぞれに気合いの入ったスタイルで(笑)
    後進すること 約2時間 ちょうど お昼に無事田植え終了しました

    最初に 苗の植え方指導があったのですが
    そこで "苗を2-4本を親指と人差し指で持ち たかたか指を添えて田に植える"と
    教わったのですが なかなか 難しい
    これを "20cm間隔で" となると さらに難しい
    それでも しばし 無心になってやっていると リズムも付いてきました

    苗床から ♪ 苗 別つ 苗 持つ 苗 植える〜


    田植えはこんな 数本ずつの苗を植えていく作業ですが
    "苗植え"とは言わず "田植え" というんです
    田の泥に そっと苗を植える この小さな作業は
    田のある風景を作る 大きな作業 なんだな と思いました

    背中に太陽を感じながらする時間は
    体を整える 大事な時間 なんだな と思いました



     このあたり 植えました!



    そういえば "泥"という字が好きです
     "尼"は二人がもたれあって親しみなじむこと
     土が水を含み 水となじんでいる状態を表しています

    泥に立ち 親しみなじんだ人たちと
    秋には 稲刈り したいですね
    もちろん 稲刈りからの参加でも
    水の引いた田でも ゆだま になじみに来てくださいね



    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:161 最後に更新した日:2020/07/07

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM