両の手に ふじみつ

ゆだま 14泡目 "ゆだまりんご" 
晴天の下でもぎにもいできました
1本から200個ほど収穫予定とお知らせしていましたが
なんと
1本から480個ほど収穫できました
2本で960個!!

豊かに実った ふじ を
7名のりんごもぎ隊が収穫した様子をお届けします

〜ゆだまりんご もぎ隊の記録〜

 本当の空なのか
 この青さ

 防寒対策してきてね、
 ということだったのですが
 作業中 暑くなって
 防寒着不要でした
 今年もお天気恵まれました


"せーの" で 最初の1個をもいだら
次の1個は その場で かじりました
透き通る蜜に 一同感動したたる〜

 ちゃんと 名札をつけていただいていました
 ゆだまりんご ここにあり!

 白いプレートに
 赤く映るのは りんご?

 木は低くしていると言えども
 脚立がないことには 手が届きません
 高所作業も板についていますね


 収穫した ゆだまりんごは
 りんご園から 仕分け作業場に移されていきます

 箱がみるみる いっぱいになります


 場所を移して
 ゆだまりんご一口オーナーの方への
 発送作業に入ります

 今年は一口14個と定めて
 大きいの、真っ赤なの
 小さいの、やや青いの
 不ぞろいになるよう
 均一に配分していきます

午前中立ち寄った酒蔵で仕入れた前掛けが
似合ってらっしゃいますね

 一箱完成しました!

 みえんさんによる
 ちらしとステッカーとシールも一緒にお届けです
 これを見るだけで 嬉しくなりますね
 まいど おおきにですっ


 そうして
 発送作業がすべて終了する頃に
 日は暮れて

 菊田さんご夫妻と記念写真
 今回はぴったりの書を持ちて




"明日 世界が滅びるとしても
今日 あなたはリンゴの木を植える"
開高健さんがよく記されていた言葉を
書家の方に書いていただいたそうです

"リンゴの木"の墨に含まれた余白
いいなぁ

箱に詰められた ゆだまりんごたちは
その晩 さっそく 一口オーナーのところへ向かいます

翌日、もぎ隊が福島さんぽしていると
各地から "届いたよ!" とお知らせを受けます
数日すると
各地から"蜜!"とお知らせを受けます

 コンポートにしてくださったラトリエさんは
 "りんごがしっかりしていて崩れないし
  密たっぷりだから 砂糖控えめで大丈夫" とのこと
 こちらのカフェで頂きました
  立派です
  存在感があります
  威風堂々
 ラトリエさん、ありがとうございますっ




こうやって
りんごもぎ隊が一口オーナーの方々にお届けした ゆだまりんご
そこから ひとつ おすそ分けするとき
知らずと 両手で お渡ししている
すると 両手で 受け取ってくださる

ありがとう と
もぎ隊をねぎらってくださるけれど
私たちは ただ 福島までもぎに行って散歩してきただけですよ
ちょっと 旨い酒を頂いたり
晩秋の景色を吸い込んだりしながら...
皆さんから頂いたお礼の言葉は
菊田さんにお届けしますね

両の手に ひとつ りんごを抱くと
ぱっと 顔が輝くのは
りんごの木と
手間隙かけてくださった菊田さんの技ですね
ご馳走様です


〜ゆだまりんご もぎ隊たちの記録〜
みえん
ゆらねのね
日々の気づきを共有しよう!!

〜 〜
L'atelier de Mie :りんごコンポートのラトリエさん

仁井田本家:郡山の酒蔵さん
 

コメント
りんごをお届けした先からいろんな声を頂いています
すこし ご紹介

〇 3歳児
  離乳食時からりんごを拒んでいたのに
  ゆだまりんごを「おいしっ」と食べたよ
  「もっと」って言ったよ

〇 リンゴ おいしくいただいております
  家族も喜んでいます

〇 香りもいいし、蜜がたっぷりで甘いっ

〇 蜜が中央だけじゃなくまんべんなく入っていて感動

〇 リンゴおいしかった!
  あんなに蜜の詰まったリンゴを食べたのは初めてかも
 
〇 リンゴおいしかったです
  あっと言う間に無くなりました

〇 もう一箱注文したいっ

〇 小ぶりなやつでも、ちゃんと蜜!
  しゃくしゃくおいしいですー

〇 蜜がたっぷりで
  実がしっかりしていて煮崩れしにくい
 
〇 りんごをあげた人に
 「おいしい!ありがとう」っていっぱい言われた
  ひとくちオーナーになっただけだけどなんだか嬉しい、来年も!

"ふじ" はほんとうに蜜がたっぷりですね
ひとかじり、または一刀入れて
蜜と対面したとき
思わず ぅわぁ♪ と声があがります
そして ありがとう につながっていきますね
  • はっぷ
  • 2014/12/02 10:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
「ゆだま じゅよんあわめ」に参加して来ました。 この企画は「りんごの木の下で会いましょう」の呼びかけのもと、遠く福島県のりんご畑まで、りんごをもぎとりに行くという旅です。 メンバーの半数以上が知り合いである事を差し引いても、りんご目的で京都から福島まで
  • 日々の気づきを共有しよう!!
  • 2014/11/30 7:22 AM

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:140 最後に更新した日:2017/03/19

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM