ひとさじ ながく

掬おう  感覚


どんな ふう が気持ちよいのか
指先で何度も聞きながら
木のスプーンを作りました

技術の時間以来?の工作という大人たち
機械すごーい!の子供たち
講師の山本さんの助けを頂き
自分のスプーンができましたよ


ゆだま 16泡目”木のスプーンをマキノで作る” 
秋晴れの琵琶湖湖畔で開催できました

 
  製作されるときは
  一度に100本!作るそうですが
  今回は1本だけです

  この木は 楓 です

  出来上がりの木目を想像して
  選んでみました

 
  気持ちの良い工房
  道具類が
  あるべきところにある からなんだろうなぁ

  それぞれの工程・工具の前で製作中
  真剣っ
  たまに 満足げな笑いが聞こえてきます
  楽しそうっ

 
  一工程進むごとに
  近づいていきます

  ほらほら

  曲面を彫るところが
  一番楽しかった〜


  前回のゆだま で採れた蜜蝋を
  蜜蝋ワックスに調合頂き
  完成したスプーンに
  薄ーく塗って 
  ふき取ります
  これで
  撥水性が高くなります



  最初のひとさじは
  ゆだまはちみつ

  はちみつと
  スプーンの口あたりを
  ゆっくぅーり感じます




そばで 見ていました
自分で今作ったスプーンを
味わう参加者の方々
とたん、笑顔がこぼれて
ぱっと、明るくなります

自分のスプーンと
先生からのお土産スプーン
薄さと軽さに驚きます!!
そして メンテナンスの蜜蝋ワックスも一緒にお持ち帰り
ずっと 長く使ってくださいね


一日の終わりに
琵琶湖まで案内いただきました

 
夕暮れのちょっと前 湖畔になじんでいった山本さん



山本 雄次 艙房 Soubou craft 
みえん






 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブグログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:157 最後に更新した日:2019/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM